メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

震災の学習列車

 この春開通した三陸鉄道リアス線の宮古-釜石間(岩手県)で、「復興の今」学習列車が初めて運行された。

 東日本大震災の被災地の現状を見てもらい、教訓を学んでほしいとの趣旨で企画された。規則正しく並んだ真新しい住宅群、建設中の巨大な防潮堤や水門……。車窓から次々と目に入る風景やガイドの山野目真さん(57)の解説にうなずきながら、32人の参加者はメモを…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです