メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渇水

恵みの雨いつ? 九州北部、梅雨入り遅れ警戒 ダム貯水率5割切る 福岡

 九州北部の梅雨入りが遅れ、福岡県や佐賀県などでダムの貯水率が大幅に低下している。5月の少雨や田植えシーズンで農業用水の使用が増えたことが原因とみられ、一部地域では市民生活への影響も出始めた。関係機関は渇水の警戒を強めている。【石井尚】

 福岡管区気象台などによると、5月は高気圧に覆われて晴れの日が多く、福岡市の降水量は42ミリで平年の3割にとどまった。その後も雨は少なく、九州北部の梅雨入りは平年(6月5日)より遅れている。梅雨前線は沖縄付近に停滞し、九州北部はまだ1週間程度は降水量の少ない状態が続く見込みという。

 福岡県の主要ダムの平均貯水率は11日現在で46・9%。過去20年間の同時期(83・3%)と比べて大…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文754文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 犯人は逃走 大阪・吹田市
  2. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです