メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

「鮭の中骨」水煮缶詰作りに取り組む 早野くみ子さん(63) /岩手

早野くみ子さん

 30年以上も前の昭和の終わり、宮古で開発された鮭(さけ)の中骨の水煮缶詰。いち早く製造に取り組んだのが田野畑村漁業協同組合の浜岩泉浦女性部の人たちだった。東日本大震災の津波で設備一切が流され中断していたが、夢を求めて製造を再開した。その中心となるのが、女性部長に就任して3年のこの人だ。

 「おかずがなくても手軽に食べられる。村の土産品にもしたい」。女性部の誰もが再開を願っていた時、島越コミュニティセンターの調理室に圧力釜など必要な機材が導入された。震災復興事業の一環。こうして復活の缶詰を手にしたのは、昨年6月のことだった。

 10人ほどいる部員が都合の付く時に集まり、原料の中骨を包丁で切断する。中骨とは魚を三枚に卸した際の…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文733文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです