メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
いわて人模様

「鮭の中骨」水煮缶詰作りに取り組む 早野くみ子さん(63) /岩手

早野くみ子さん

 30年以上も前の昭和の終わり、宮古で開発された鮭(さけ)の中骨の水煮缶詰。いち早く製造に取り組んだのが田野畑村漁業協同組合の浜岩泉浦女性部の人たちだった。東日本大震災の津波で設備一切が流され中断していたが、夢を求めて製造を再開した。その中心となるのが、女性部長に就任して3年のこの人だ。

 「おかずがなくても手軽に食べられる。村の土産品にもしたい」。女性部の誰もが再開を願っていた時、島越コミュニティセンターの調理室に圧力釜など必要な機材が導入された。震災復興事業の一環。こうして復活の缶詰を手にしたのは、昨年6月のことだった。

 10人ほどいる部員が都合の付く時に集まり、原料の中骨を包丁で切断する。中骨とは魚を三枚に卸した際の…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文733文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです