メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生きづらさを抱えて

パートナー制度への思い/中 社会の壁、申請に迷い /茨城

「職場にバレる」懸念 安心して暮らせる街求め

 昨年、水戸市内の賃貸住宅を下見した時のことだ。レズビアン(女性同性愛者)の優さん(37)と愛さん(27)=ともに仮名=は不動産会社の若い男性から関係を聞かれ、「恋人です」と答えた。

 男性は戸惑いながら「契約書には友達と書いたらどうですか」と提案した。でも、恋人というのは本当だ。本当のことを言ったのに、困らせてしまう--。

 いま2人が同居するアパートの契約を更新した時も同じだった。6年前、交際をきっかけに優さんのアパート…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです