メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八ッ場ダム

「打設」完了式 移転住民ら再建誓う 計画から67年 /群馬

本体工事がほぼ完了した八ッ場ダム=群馬県長野原町で、藤井太郎撮影

 67年前に計画され、長野原町に国が建設を進める多目的ダム「八(や)ッ(ん)場(ば)ダム」の本体部分にコンクリートを流し込む「打設(だせつ)」が終了し、建設現場で12日、「打設完了式」が行われた。地元住民の激しい反対運動や、民主党政権下の建設中断など、紆余(うよ)曲折をたどったダム建設は、来春の完成に向けて大きな節目を迎えた。しかし、水没のため造成地に移転を余儀なくされた住民の暮らしはいまだ再建途中だ。【西銘研志郎】=一部地域既報

 「出て行く人がいることは覚悟していたが、これほどまでに減るとは思わなかった」

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです