メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

茨城・鉾田 イバラキング 大きさと味にこだわり /東京

メロンを栽培する根崎直喜さん=いずれも茨城県鉾田市で

栽培難しく、手探り続け

 メロンの生産量は茨城県が北海道などをしのいで日本一ということはあまり知られていない。メロンの栽培が盛んな同県鉾田市では県のオリジナル品種「イバラキング」が収穫の時期を迎えている。このメロン栽培にいち早く取り組んできた農家を訪ねた。【南迫弘理】

 同市徳宿の根崎直喜さん(40)のハウスに入ると葉が一面に広がり、つるをたどると大きなメロンが実っていた。一つのハウスに1000個前後、1シーズンでおよそ3万個のメロンを栽培する。5月上旬から6月下旬までが収穫期だ。食べ応えのある大きなメロンだが、すっきりとした甘みとなめらかな食感がマッチし、とても食べやすい。

 イバラキングは8~10月に収穫されるアールス系より収穫時期が早い。収穫時期が早くても大きくなるよう…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1303文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです