メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オオキンケイギク

在来種駆逐する特定外来生物、撃退を 県が駆除呼び掛け /長野

オオキンケイギク。かれんな花を咲かせるが在来種を駆逐してしまう厄介者だ=長野県環境保全研究所提供

 県民みんなで駆除しよう--。環境省指定の特定外来生物「オオキンケイギク」が、県内で勢力を拡大している。コスモスに似た黄色のかれんな花だが、繁殖力が強く、在来種を駆逐してしまう「厄介者」だ。県は「放っておくとどんどん増える。駆除に協力してほしい」と県民にも協力を呼び掛けている。【坂根真理】

 北米原産のオオキンケイギクは、キク科の多年草で、5月から7月にかけて花を咲かせる。緑化活動の一環で道路のり面や河川敷に植えられたり、ポット苗として流通したりしていたことがあり、野生となって大群落を作り、民家の敷地内や畑にも生えている状況だ。

 カワラナデシコやカワラサイコなどの在来種を駆逐してしまう恐れがあるため、2006年に特定外来生物に…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです