メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県動物保護管理センター

救って、小さな命 「殺処分ゼロ」へ、譲渡講習会 「ペットは家族」最期まで責任を /滋賀

「動物愛護のつどい」で保護している犬と遊ぶ親子=滋賀県湖南市岩根の県動物保護管理センターで、礒野健一撮影

 県動物保護管理センター(湖南市岩根)に保護された犬や猫が、新たな飼い主に譲渡されるケースが増えてきている。全国で「殺処分ゼロ」の機運が高まる中、譲渡に向けた定期的な講習会の開催などで、小さな命が救われる機会は増えてきている。ただ、引き取り手が見つからなかった犬と猫は安楽死処分される現実もあり、同センターは「動物をかわいいと思うだけでは、飼い主は務まらない。命を預かる責任を持ってほしい」と訴える。【礒野健一】

 今月2日、同センターで開かれた「動物愛護のつどい」。動物とのふれあいコーナーやセンターから巣立った…

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1670文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです