メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アサリ

片男波干潟で増殖 今年は1.5倍 和歌浦のブランドに 漁協と小学校調査 /和歌山

掘り起こしたアサリをバケツに入れる和歌浦小の児童ら=和歌山市和歌浦の片男波干潟で、後藤奈緒撮影

 アサリの増殖に挑戦している和歌山市和歌浦の片男波(かたおなみ)干潟で、順調にアサリが育っていることがこのほど、和歌浦漁協や地元小学校の調査で明らかになった。昨年は1平方メートルあたり採取できたのが610グラムだったが、今年は1・5倍の900グラムに増えた。同漁協の横田邦雄副組合長(39)は「続けてきた活動が形になり始めている。アサリが和歌浦のブランドになるようがんばりたい」と話している。【後藤奈緒】

 片男波干潟は、関西で有名な潮干狩り場だった。地球温暖化などの影響でアサリの天敵であるツメタガイやエ…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです