メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態統計

県内2018年 出生率1.48、前年下回る 出生数4559人、過去最少 /高知

 厚生労働省が公表した2018年の人口動態統計で、県内の合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの数に相当)は前年より0・08ポイント低い1・48だった。全国平均(1・42)は上回り、全国28位(前年14位)。四国では最下位だった。一方、出生数は4559人(前年比279人減)で過去最少だった。【郡悠介】

 県少子対策課によると、県内の合計特殊出生率は第2次ベビーブームの1974年に2・03だったが、2009年には1・29まで落ち込んだ。その後、緩やかな回復傾向にあり、ここ数年は1・50前後を推移している。出生数では1990年、全国で初めて死亡数が出生数を上回っている。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  4. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性化を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです