メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雲仙・普賢岳

噴火の記憶後世に 南島原・大野木場小「メモリアルデー」、国が取り組みを表彰 /長崎

 雲仙・普賢岳の噴火災害の継承に取り組む南島原市立大野木場小が、今年度の国の土砂災害防止功労者に選ばれた。火砕流で当時の校舎が消失した1991年9月15日を「メモリアルデー」として、災害学習の成果を発表するなど長年の活動が評価された。

 メモリアルデーは災害の記憶を後世に引き継ぐことや、防災意識を高めることなどを目的に、毎年9月15日、保護者や地域住民らを招き実施。災害体験者の講話などさまざまな取り組みをしている。

 12日は、総合学習の一環に位置づける災害学習で、5年生12人が焼けた旧校舎や立ち入りが制限されてい…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文544文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです