メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

イラン大統領と会談 米と緊張緩和要請

 安倍晋三首相は12日午後(日本時間同日夜)、イランのロウハニ大統領と首都テヘランで会談した。米国との対立で緊迫する中東情勢を巡り、緊張緩和を促す。イランが一部履行停止を表明しているイラン核合意の履行継続も働きかける。現職首相のイラン訪問は、1978年の福田赳夫氏以来41年ぶりだ。会談後、両首脳は共同記者発表に臨む。

 少人数会合の冒頭、ロウハニ師は「日本とイランの友好関係に、今回の訪問は非常に役に立つと思う」と述べた。首相は「イランはいにしえより高い文化を誇る中東の大国だ。就任以来、私はイランとの関係を重視してきた」と応じた。その後の拡大会合で、首相は「現在の地域の緊張の高まりを友人として深刻に懸念している。緊張緩和、情勢の安定化に向けて、率直な意見交換をしたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです