メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

安全壁崩壊の危機感=坂東賢治

 <moku-go>

 1997年7月の香港返還を前に中英は「直通列車」問題で対立した。鉄道ではない。立法評議会議員が返還をまたぎ4年の任期を全うすることをそう呼んだのだ。

 最後の英総督、パッテン氏は民主化推進を掲げ、選挙制度改革を進めた。反発した中国は立法評議会を返還と同時に解散させ、独自に臨時立法会を設立させた。

 「直通」できず、「一時下車」を余儀なくされた民主党の李柱銘党首らは返還直後の7月1日未明、旧立法評議会のバルコニーで「ウィー・シャル・リターン(戻ってくるぞ)」と気勢を上げた。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです