メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

安全壁崩壊の危機感=坂東賢治

 <moku-go>

 1997年7月の香港返還を前に中英は「直通列車」問題で対立した。鉄道ではない。立法評議会議員が返還をまたぎ4年の任期を全うすることをそう呼んだのだ。

 最後の英総督、パッテン氏は民主化推進を掲げ、選挙制度改革を進めた。反発した中国は立法評議会を返還と同時に解散させ、独自に臨時立法会を設立させた。

 「直通」できず、「一時下車」を余儀なくされた民主党の李柱銘党首らは返還直後の7月1日未明、旧立法評…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです