メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

豪雨時の避難どう判断? 「警戒レベル」活用、早めの行動心がけて=回答・信田真由美

取るべき避難行動

 なるほドリ 梅雨の季節になったね。集中豪雨(しゅうちゅうごうう)が心配なので、役に立つ防災情報を得る方法を教えてほしいな。

 記者 便利なのは、災害発生の危険度が地図上で色分け表示される気象庁のウェブサイト「危険度分布」です。雨量予測と地質、地面の傾斜(けいしゃ)などの情報を基に作られています。避難(ひなん)時間を考慮(こうりょ)して、3時間先までの間の洪水(こうずい)、2時間先までの土砂災害などの危険度を、黄色=注意▽赤=警戒(けいかい)▽薄紫(うすむらさき)=非常に危険▽濃(こ)い紫=極めて危険--と分類しています。

 Q それなら自宅のある地域がどれくらい危ないか、ひと目で分かりそうだね。避難するのはどのタイミングがいいんだろう。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです