メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

アジア初、台湾で同性婚が実現 日本でも議論加速を=福岡静哉(台北支局)

総統府前で5月25日に開かれた合同披露宴には大勢の同性カップルが参加し、幸せをかみしめた=台北で、福岡静哉撮影

 台湾で5月24日、アジア初の同性婚制度が始まった。婚姻届を受理され「夢がかなった」と喜ぶ人たちの姿に感動した。だが、考えてみれば、愛する人と結婚できる選択肢があるのは本来、当たり前のことではないか。日本でも今年2月、同性婚を認めない法制度は違憲として集団訴訟が起きた。同性愛者であるというだけの理由で当たり前の権利が保障されない日本の現状を放置すべきではないと思う。

この記事は有料記事です。

残り1838文字(全文2022文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです