再生可能エネルギー

「買い取り」廃止検討 事業用、新制度目指す 経産省

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 経済産業省は、太陽光や風力など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)を廃止する検討を始めた。買い取り費用が膨らみ、国民負担が増大しているため。2020年度の法改正を目指す。

 FITは再エネの普及を目的に12年度に制度が創設された。太陽光や風力、地熱、バイオマスなどからつくられた電気を、電力会社が固定価格で購入。その費用は電気料金に「賦課金」として上乗せする。

 制度によって太陽光を中心に再エネは拡大したものの、賦課金は19年度に2兆4000億円まで膨らみ、一般的な家庭の負担は19年度で月767円となる見通しで、見直しを求める声が強まっていた。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文540文字)

あわせて読みたい

ニュース特集