メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水産庁

4魚種、資源増へ目標案 ホッケ、2030年に7倍

 水産庁は12日、ホッケ、スケトウダラ、マサバ、ゴマサバの4魚種の資源管理強化に向け、目標とする資源回復水準の案を公表した。北海道北部のホッケは親魚の量を2017年の7倍に当たる11万2000トンに増やす目標を設定。日本海北部のスケトウダラも7倍の38万2000トンを目指す。実現に向けホッケにも他の3魚種と同様の漁獲枠を導入することも検討する。

 目標達成は原則的に30年までとし、詳細は今後詰める。資源を回復させて長期的な漁獲を増やすのが目的だ…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文573文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に
  5. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです