メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津田恒美記念館

息子が開館 葛藤克服、ファンへ恩返し

津田恒実さんの写真などの展示品を紹介する大毅さん=広島市南区で2019年6月7日、田中将隆撮影

 プロ野球選手の父と比較されることが嫌だった青年が年齢を重ね、父の偉大さを伝える場所を作り上げた。気迫あふれる投球で「炎のストッパー」と呼ばれ、1993年に脳腫瘍のため32歳で亡くなった元広島の投手・津田恒実(旧名・恒美)さんの長男大毅さん(30)だ。

 先月末、広島市南区のマツダスタジアム近くにゆかりの品を集めた「津田恒美記念館」を開き、館長に就任。「展示を見て涙ぐむファンの姿を見ると、開いて良かった」と、感慨に浸っている。

 津田さんが亡くなった時、大毅さんは4歳。父との記憶は多くないが、「憧れから自然と野球をやるようにな…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文906文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです