メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

関勉さん=発見した小惑星に「令和の星」と命名

アマチュア天文家の関勉さん=高知市で2019年6月5日、松原由佳撮影

関勉(せき・つとむ)さん(88)

 新元号を名付けた星は、平成元(1989)年に発見した18等級の小惑星。肉眼では見えないが「人々を照らし続けてくれる。戦争も災害もない平和のシンボルになってほしい」。61年以来、彗星(すいせい)6個と小惑星223個を発見した「コメットハンター」(彗星探索家)は夜空に思いをはせる。

 45年7月の夜。高知大空襲の直前、防空壕(ごう)から出ると、灯火管制で真っ暗な街の上に青い星が輝い…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです