連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第90回都市対抗野球 36代表の横顔/1

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪ガスのエース右腕・温水=山崎一輝撮影
大阪ガスのエース右腕・温水=山崎一輝撮影

 第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は7月13日から13日間、東京ドームで開かれる。今年は記念大会のため例年より4チーム多い36代表が出場する。連覇のかかる大阪市・大阪ガスをはじめ、優勝旗の黒獅子旗を目指す36チームを紹介する。

連覇へ戦力充実 大阪市・大阪ガス(推薦) 2年連続25回目

 前回大会で橋戸賞と首位打者賞を獲得した近本が阪神入りしたものの、3年目の最速148キロ右腕・温水を軸に戦力充実。今春出場のJABA2大会では調整遅れからリーグ戦敗退だったが、橋口監督は「ピークは東京ドームの決勝に合わせている」と自信を示す。

 投手陣は温水、2年目・阪本の両右腕が中心。温水は春先こそ力んでフォームを崩したが、最近は肩の力が抜けて本来の切れと制球力を取り戻しつつある。中継ぎ陣は新人左腕・秋山が台頭。経験豊富な猿渡、飯塚、緒方の右腕3人も控え、救援陣の層も厚い。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文961文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る