メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口・上関原発建設計画

揺れた島の10年

 瀬戸内の青い海に浮かぶ山口県上関(かみのせき)町の離島・祝島(写真奥)。その対岸にある田ノ浦湾(写真手前)で中国電力(広島市)が進める上関原発建設計画は今年、陸域の工事着手から10年を迎えた。2011年の東京電力福島第一原発事故後、工事は中断しているが、原子炉設置許可を申請中の国内唯一の新設計画との位置付けは変わらず、宙に浮いた状態だ。再開の見通しが立たない中、中国電は10日、海面埋め立て免許の再延長を県に申請した。反対派を束ねてきた山戸貞夫さん(69)と、推進派の柏原重海町長(69)、2人の視点から町を見つめ直す。

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1627文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです