菅長官「5万5000円は厚労省」認めるも「2000万円はWG独自の意見」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官
菅義偉官房長官

 夫婦の老後資金に関し、金融庁の金融審議会の市場ワーキンググループ(WG)報告書に盛り込まれた「30年間で約2000万円が必要」とする試算の根拠に関し、菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で「WGの議論の中で、厚生労働省から、高齢者世帯の収支差額が5万5000円との説明を行ったことは事実だ」と述べ、…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

あわせて読みたい

注目の特集