メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

金融庁=根岸基弘撮影

 夫婦の老後資金に関し、金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)報告書に盛り込まれた「30年間で約2000万円が必要」とする試算の根拠となった資料を厚生労働省が示したことについて、菅義偉官房長官は13日の記者会見で「厚労省から説明したことは事実だ」と認めた。しかし、「30年間で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要」とした部分については「WGの独自の意見だ」と述べ、単純にかけ算をしたWG側に問題があるとの認識を示した。

 厚労省の担当課長は4月のWGで、総務省の家計調査を元に高齢夫婦無職世帯の現在の収入・支出状況の資料…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文942文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです