メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホルムズ海峡攻撃、安保法制との関係 集団的自衛権行使の要件とは

首相官邸=本社ヘリから

 政府は13日、ホルムズ海峡付近で東京都の海運会社「国華産業」が運航するタンカーが攻撃されたことを受け、首相官邸に情報連絡室を設置し、情報収集を進めた。2015年に成立した安全保障関連法では、政府は集団的自衛権行使の一例に「ホルムズ海峡での機雷除去」を挙げたが、今回のケースは海峡封鎖まで至っておらず、要件は満たさないとの見方が強い。ただ、自衛隊が船舶を護衛する「海上警備行動」は可能で、国家安全保障局を中心に慎重に対応を検討する。

 同法は①密接な関係にある他国への攻撃により、日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある(存立危機事態)②他に適当な手段がない③必要最小限度の実力行使――の3要件を満たせば、集団的自衛権行使は可能と定める。政府は中東の海上交通路の要衝・ホルムズ海峡が封鎖されれば日本への原油供給が滞り、国家の存立が脅かされるとの理屈から「存立危機事態」の一例に挙げて…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  2. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  3. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  4. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

  5. 4月の京都、外国人宿泊客1000人 昨年同月の35万人から99.7%減

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです