メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガンダム、仮面ライダー、たまごっち…昭和・平成のおもちゃが集結 「主役は大人」

人だかりができたガンダムのフィギュア=東京都江東区で2019年6月13日、梅村直承撮影

 国内最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー2019」が13日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕して、国内外191社の約3万5000点が披露された。令和への改元を受けて平成や昭和にちなんだ商品が目立つ。少子化への対応をにらみ、大人向けの品ぞろえを意識した展示も多い。

 タカラトミーが出展した「人生ゲーム+(プラス)令和版」は、1968年に国内で初めて販売されたボードゲームの最新版。SNSなどで影響力を持つ「インフルエンサー」をテーマにアレンジしており、定番の紙幣のやり取りはせず、フォロワー数で勝敗を競う。

 他にも同社のグループ企業は、レトロな画質の動画を再生できる専用アプリを入れたスマートフォンに小型の…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文870文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです