「緊張緩和に向けた訪問に感謝」  日イラン首脳会談でロウハニ大統領

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
共同記者発表で握手する安倍晋三首相(左)とイランのロウハニ大統領=2019年6月12日、AP
共同記者発表で握手する安倍晋三首相(左)とイランのロウハニ大統領=2019年6月12日、AP

 安倍晋三首相は12日午後(日本時間同日夜)、イランのロウハニ大統領と首都テヘランで会談した。米国との対立で緊迫する中東情勢を巡り、緊張緩和を促した。イランが一部履行停止を表明しているイラン核合意の履行継続も働きかけた。現職首相のイラン訪問は、1978年の福田赳夫氏以来41年ぶりだ。

 会談後の共同記者発表で、ロウハニ師は「地域の安定や治安確保、緊張緩和に向けた訪問を感謝する。我々は核合意を維持したい。米国との戦争も追求していない」と述べた。首相は「何としても武力衝突は避けるべきだ。中東の安定は世界の繁栄に不可欠。緊張緩和に向け、日本はできる限りの役割を果たす」と語った。

 少人数会合の冒頭、ロウハニ師は「日本とイランの友好関係に、今回の訪問は非常に役に立つと思う」と述べた。首相は「イランはいにしえより高い文化を誇る中東の大国だ。就任以来、私はイランとの関係を重視してきた」と応じた。その後の拡大会合で、首相は「現在の地域の緊張の高まりを友人として深刻に懸念している。緊張緩和、情勢の安定化に向けて、率直な意見交換をしたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文1027文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集