メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「緊張緩和に向けた訪問に感謝」  日イラン首脳会談でロウハニ大統領

共同記者発表で握手する安倍晋三首相(左)とイランのロウハニ大統領=2019年6月12日、AP

 安倍晋三首相は12日午後(日本時間同日夜)、イランのロウハニ大統領と首都テヘランで会談した。米国との対立で緊迫する中東情勢を巡り、緊張緩和を促した。イランが一部履行停止を表明しているイラン核合意の履行継続も働きかけた。現職首相のイラン訪問は、1978年の福田赳夫氏以来41年ぶりだ。

 会談後の共同記者発表で、ロウハニ師は「地域の安定や治安確保、緊張緩和に向けた訪問を感謝する。我々は核合意を維持したい。米国との戦争も追求していない」と述べた。首相は「何としても武力衝突は避けるべきだ。中東の安定は世界の繁栄に不可欠。緊張緩和に向け、日本はできる限りの役割を果たす」と語った。

 少人数会合の冒頭、ロウハニ師は「日本とイランの友好関係に、今回の訪問は非常に役に立つと思う」と述べ…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです