メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親イラン武装組織フーシ、サウジ・アブハ空港にミサイル攻撃

 内戦下のイエメンの親イラン武装組織フーシは12日未明、サウジアラビア南西部のアブハ空港に巡航ミサイルを撃ち込んだ。国営サウジ通信などによると、到着ロビーが被弾し、子供を含む26人が負傷したという。フーシは同日、系列メディアを通じ「ミサイル攻撃を狙い通りに実施した」と攻撃を認めた。

     今回の攻撃は、安倍晋三首相がイランでロウハニ大統領と協議する前のタイミングで発生しており、中東情勢の不安定さを浮き彫りにした。

     内戦に軍事介入しているサウジ主導のアラブ諸国連合軍の報道官は12日、「イランが高度な武器をフーシに供与していることが証明された」として、イランの関与を強調した。一方のフーシは「サウジに対する自衛手段だ」と攻撃を正当化。フーシは5月にも、サウジ国内の石油パイプラインを小型無人機ドローンで攻撃している。

     一連の攻撃についてイランは関与を認めていないが、トランプ米政権は中東に空母打撃群などを派遣してイランへの圧力を強化しており、米・サウジ側とイラン側の「偶発的な衝突」への懸念が高まっている。【カイロ篠田航一】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
    2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
    3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
    4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
    5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです