メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホルムズ海峡で日本のタンカーに攻撃 砲弾貫通のような穴 船員21人全員脱出

ホルムズ海峡で攻撃を受けた国華産業のタンカー=同社提供

 13日午前6時45分(日本時間午前11時45分)ごろ、中東のホルムズ海峡付近で、東京都千代田区の海運会社「国華(こくか)産業」が運航するケミカルタンカー「KOKUKA(コクカ) COURAGEOUS(カレイジャス)」(パナマ船籍、総トン数1万9349トン)が何者かの攻撃を受け、被弾した。同タンカーは約3時間後にも再度攻撃を受け、フィリピン人の船員21人全員が救命艇で脱出した。近くにいた他の船に避難し、1人が軽いけがをしたという。安倍晋三首相のイラン訪問中に、ペルシャ湾岸諸国の石油輸送路の要衝で起きた事件は、日本だけでなく緊張が高まる中東情勢にも影響を与えそうだ。

 世耕弘成経済産業相は13日、「ホルムズ海峡で日本関係の積み荷を積んだ船が攻撃された」と明らかにした…

この記事は有料記事です。

残り1416文字(全文1751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです