ホルムズ海峡で日本のタンカーに攻撃 砲弾貫通のような穴 船員21人全員脱出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ホルムズ海峡で攻撃を受けた国華産業のタンカー=同社提供
ホルムズ海峡で攻撃を受けた国華産業のタンカー=同社提供

 13日午前6時45分(日本時間午前11時45分)ごろ、中東のホルムズ海峡付近で、東京都千代田区の海運会社「国華(こくか)産業」が運航するケミカルタンカー「KOKUKA(コクカ) COURAGEOUS(カレイジャス)」(パナマ船籍、総トン数1万9349トン)が何者かの攻撃を受け、被弾した。同タンカーは約3時間後にも再度攻撃を受け、フィリピン人の船員21人全員が救命艇で脱出した。近くにいた他の船に避難し、1人が軽いけがをしたという。安倍晋三首相のイラン訪問中に、ペルシャ湾岸諸国の石油輸送路の要衝で起きた事件は、日本だけでなく緊張が高まる中東情勢にも影響を与えそうだ。

 世耕弘成経済産業相は13日、「ホルムズ海峡で日本関係の積み荷を積んだ船が攻撃された」と明らかにした。攻撃を受けたのは2隻。1隻は国華産業が運航するタンカーで、もう1隻はマーシャル諸島船籍のタンカーでナフサを積載し、アラブ首長国連邦(UAE)から台湾に向かっていたとの情報がある。何者が攻撃したかは分かっていない。

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1751文字)

あわせて読みたい

注目の特集