メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港立法会、再開時期は未定 市民団体「民間人権陣線」は16日に大規模デモ計画

立法会周辺を埋め尽くした市民ら(奥)とにらみ合う武装警官隊=香港で2019年6月12日、AP

 香港立法会(議会)の梁君彦議長は13日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案の審議を同日は行わないと各議員に通知した。12日に若者ら数万人が立法会や周辺の幹線道路を占拠する大規模デモが発生し、再開すれば反発が強まると判断した。審議再開の時期は未定。だが香港政府は6月中の改正案成立を譲らない構えで、香港メディアによると当局は13日、デモ参加者ら11人を暴動容疑で逮捕した。

 12日のデモでは、警察当局が催涙弾やゴム弾などを使う強硬策に出て、12日深夜までに若者らを周辺から…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです