違法賭博「裏スロ」 好みの台確保を社員に指示 たこ焼き店「元祖どないや」など展開の社長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
社長(左側)が元社員に対して「裏スロ」と呼ばれる違法なスロット店で好みの台を取らせたLINEのやりとり=元社員提供
社長(左側)が元社員に対して「裏スロ」と呼ばれる違法なスロット店で好みの台を取らせたLINEのやりとり=元社員提供

 東京、大阪を中心にたこ焼き店「元祖どないや」などを展開する「アドジックス」(本社・大阪市)の男性社長(42)が、違法な賭博をするスロット店に通っていた。複数の同社関係者が毎日新聞の取材に証言した。社長は開店前から店の前に社員を並ばせて自分が遊びたい台を確保させたり、自分の代わりに台を打たせたりもしたという。

 風俗営業法などに違反するスロット店は「裏スロ」や「闇スロ」と呼ばれ、過去には客側が賭博容疑で逮捕された例もある。

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1118文字)

あわせて読みたい

注目の特集