クジラ? 港に尾びれや背びれ見せる海洋生物出現 北九州

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北九州市小倉北区の市街地に近い板櫃(いたびつ)川河口近くの小倉港日明(ひあがり)泊地に、体長4~6メートルの海洋生物が泳いでいるのが見つかった。水族館「マリンワールド海の中道」(福岡市)によると、背びれの形などからクジラの一種の「コビレゴンドウ」ではないかという。外洋から迷い込んだとみられる。

 市によると、漁船の乗組員から12日午前…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文263文字)

あわせて読みたい

ニュース特集