ひきこもり自立支援施設「むりやり入所させられた」元入所者訴え相次ぐ 高額費用請求も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長男を高額の入居型自立支援施設に入れ「死ぬほど後悔した」と語る母親=東京都内で2019年6月9日午後6時15分、塩田彩撮影
長男を高額の入居型自立支援施設に入れ「死ぬほど後悔した」と語る母親=東京都内で2019年6月9日午後6時15分、塩田彩撮影

 ひきこもり状態にある人の「完全自立」などを掲げる東京都内の自立支援施設に無理やり入所させられ、外部との連絡を絶たれて苦痛を味わったという訴えが、元入所者のひきこもり経験者から相次いでいる。子供の自立を望む親が契約したものの、かえって親子関係が壊れるケースが目立ち、高額な費用を請求された事例も。ひきこもり問題への関心が高まる中、こうした施設を「自立支援のプロ」として紹介するテレビ番組もあり、専門家は「わらにもすがる思いで契約する親が増える可能性がある。事態を悪化させるだけだ」と警鐘を鳴らす。【塩田彩、写真も/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3316文字(全文3586文字)

あわせて読みたい

注目の特集