茨城・東海村社協でパワハラ 職員2人懲戒処分 数年間にわたり職員に暴言吐く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 茨城県東海村社会福祉協議会は13日、複数の部下に暴言を吐くなどパワーハラスメント(パワハラ)を繰り返したとして、男性職員を減給10分の1(3カ月)、女性職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと明らかにした。

 社協によると、処分は3月11日付。2人は数年間にわたって、複数の職員に対し、暴言を…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

ニュース特集