メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池袋暴走事故 元院長 踏み間違えに言及 「縁石衝突でパニックになった」

池袋で暴走した乗用車に母子がはねられて死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(中央)を立ち会わせて実況見分する警視庁の捜査員ら=東京都豊島区で2019年6月13日午前11時17分、佐々木順一撮影

 東京・池袋の都道で4月、暴走した乗用車に母子がはねられて死亡した事故で、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)が警視庁の調べに、「(最初に)縁石と衝突して以降、パニック状態になり、アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性も考えられる」と説明していることが13日、捜査関係者への取材で判明した。警視庁は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑での立件を視野に任意で捜査を続ける。

 警視庁は13日午前、飯塚元院長を立ち会わせ、豊島区東池袋4の事故現場で実況見分を実施した。飯塚元院長は、事故を起こした乗用車と同型の車両に乗り、捜査員の質問に答えるなどしていた。母子をはねた横断歩道付近では、つえをついて降車。軽く一礼した後、捜査員と事故当時の状況などについてやりとりを交わした。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです