特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Together

二人三脚で不振脱出目指す 競泳の長谷川涼香と父・滋さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本選手権の女子200メートルバタフライ決勝を制した長谷川涼香=東京辰巳国際水泳場で2019年4月6日午後5時8分、梅村直承撮影
日本選手権の女子200メートルバタフライ決勝を制した長谷川涼香=東京辰巳国際水泳場で2019年4月6日午後5時8分、梅村直承撮影

 2016年リオデジャネイロ五輪に出場して以降、不振に苦しんでいた競泳女子の長谷川涼香(19)が、世界選手権(7月・韓国)の日本代表入りを決め、輝きを取り戻し始めた。手を差しのべたのは所属のフィットネスクラブ東京ドーム(東京都文京区)で競泳の指導者を務める父の滋さん(51)だった。昨秋から涼香と7年ぶりにタッグを組み、泳ぎを徹底的に見直してきた。【村上正】

 滋さんは文京区に生まれ、小学3年の頃、母親に「何か習い事を始めたい」と懇願した。最初に行ったのが絵画教室だった。5月にこいのぼりの下書きをしたが「自分には合わなかった」。その次が新聞の折り込みチラシに入っていたスイミングクラブだった。持ち前の運動神経の良さで4泳法をマスターし、個人メドレーを専門とした。

この記事は有料記事です。

残り1786文字(全文2118文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集