メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカーキング

[アンケート結果]さあ、いよいよコパ・アメリカだ! 辛口ユーザーが最も期待する日本代表選手は…?

情報提供:サッカーキング

コパ・アメリカでの活躍を期待される選手たち [写真]=Getty Images
 日本代表は、6月14日から開催されるコパ・アメリカ2019に招待国として参戦する。

 サッカーキングでは、「「コパ・アメリカで活躍を期待したい日本代表選手は!?」」と題したアンケートを実施し、ユーザーからは3,100件を超える回答が寄せられた。本記事では、名前が挙がった選手の中から上位5人をピックアップし、ランキング形式で紹介していく。

5位 上田綺世(法政大学)

163票 獲得 ※全回答数の5.3%
 法政大学在学中の上田綺世が、トップ5に食い込んだ。大学生がA代表のメンバー入りを果たしたのは、2010年の山村和也(現・川崎フロンターレ/流通経済大学在学時)と永井謙佑(現・FC東京/福岡大学在学時)以来9年ぶり。アタッカーとしてできるプレーの幅が広く、様々な形からゴールを奪える。2021シーズンからは、鹿島アントラーズに加入することが内定している。

4位 前田大然(松本山雅FC)

220票 獲得 ※全回答数の7.1%
明治安田生命J1リーグ 14試合出場1ゴール
 50mを5.8秒で走るスピードが、前田大然の最大の魅力だ。フィニッシュの精度にはまだ改善の余地が残されているとはいえ、コパ・アメリカの舞台で見てみたいと考えているユーザーは多いようだ。起用されるとなれば、3-4-2-1のシャドー、もしくはワントップのポジションか。異次元のスピードで、相手守備陣を混乱に陥れてほしい。

3位 安部裕葵(鹿島アントラーズ)

236票 獲得 ※全回答数の7.6%
明治安田生命J1リーグ 13試合出場1ゴール

“生粋のドリブラー”は、ついにコパ・アメリカでそのベールを脱ぐのだろうか。安部裕葵が「コパ・アメリカで活躍を期待したい日本代表選手」の3位にランクインした。ドリブルの切れ味は抜群で、相手DFとぶつかり合う時の強さにも秀でている。ときに、綺麗な崩しだけではなく強引さも必要な南米の戦いにおいて、個で勝負ができる安部の存在は重要だ。

2位 中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)

256票 獲得 ※全回答数の8.3%
カタール・スターズリーグ 7試合出場1ゴール
 間違いなく、コパ・アメリカでは中心的な役割を担うだろう。森保一監督が3-4-2-1を採用した場合、シャドーの位置に収まることになる。どんな時もゴールを目指す姿勢は、先日のキリンチャレンジカップ2019の2試合でも随所に見られた。左サイドからカットインして、得意の右足を振り抜く。そんなシーンが、コパ・アメリカで多く見られることを期待しよう。

1位 久保建英(FC東京)

1,069票 獲得 ※全回答数の34.5%
明治安田生命J1リーグ 13試合出場4ゴール
 1位に選ばれたのは、歴代2番目の早さでA代表デビューを果たした久保建英だった。9日に行われたキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル戦で途中出場した久保は、コパ・アメリカに向けた試運転を行った。相手DFに行く手を塞がれてもバタつかない精神力と、狭いスペースを割って入れる技術力、左足のキックの精度は18歳とは思えない。並み居る強豪を相手に戦うコパ・アメリカで、その才能を遺憾なく発揮してほしい。

文=松本武水
写真=Getty Images

【関連記事】
超強豪国との真剣勝負へ! コパ・アメリカに臨む日本代表23名を徹底紹介!
セルジオ越後氏、久保建英の過剰報道に苦言 コパ・アメリカは「期待しつつ、結果に厳しい目を」
久保建英の大物ぶりに長友佑都も驚嘆「人生2回くらいやってるんじゃ…」
森保監督がA代表デビューの久保に言及「どのように成長していくのか、私も楽しみ」
出そろった各国のエースたち…コパ・アメリカに集う12人の“10番”

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです