メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビートたけし 日本芸能界最高額の手切れ金 200億円以上譲渡で夫人と決別 (スポニチ)

1981年8月、「オレたちひょうきん族」でステージに立つビートたけし(左)と幹子さん=スポニチ提供

 タレントのビートたけし(72)が、5月に幹子夫人(67)と離婚したことが12日、分かった。長く別居してきたが、40年にわたる関係に正式にピリオドを打った。200億円以上ともされる莫大(ばくだい)な財産をたけしが夫人に渡すことで“決別”。自らの資産を捨てて、愛人とされてきた18歳年下の女性パートナーA子さんとの“愛”を選んだ形だ。残りの人生を謳歌(おうか)するための、令和元年の再出発だ。

 関係者によれば、離婚が成立したのは5月。互いに弁護士を立てての協議離婚で、数年にわたって話し合いを続けてきた。代理人弁護士も「離婚したのは事実です。それ以上お話しすることはない」と話した。

 財産分与の話し合いでは、たけしがほぼ全ての財産を幹子さんに渡すことで同意したとみられる。幹子さんが受け取る財産は、金額に換算すると200億円以上になりそうだ。

 知人は「個人資産で100億円、会社名義で100億円以上あったものを全て渡す形になったと聞いている。大切にしてきた高級外車のコレクションも手放すことになった」と明かした。残ったのは、15年に立ち上げた新事務所「T.Nゴン」を兼ねた東京都世田谷区内の自宅だけだ。

 72歳の今もなお、テレビのレギュラー番組6本を抱えるなど売れっ子のたけしは、年収10億円超とされる。17年4月から新事務所に仕事の報酬が振り込まれているが、それまでは幹子さんが数十年にわたって収入を管理。「たけしさんは月額300万から400万円のお小遣いをもらってやりくりしてきた」(関係者)といい、多額の資産を残している。

 海外セレブが離婚に際して超高額の慰謝料を支払うことは多々あるが、日本では異例の金額。テレビ関係者は「日本の芸能界で史上最高額の“手切れ金”であることは間違いない」と目を丸くした。

 たけしは「40年かかったけどやっとケジメがついた。これでA子と歩んでいける」と周囲に話しているという。別の知人は「たけしさんが再婚したとは聞いてない。面倒なことはもう嫌でしょうし、今後することもないでしょう」と話しており、このままの関係を続けていくとみられる。

 A子さんとは7年前に出会い、交際を続けてきた。仕事の相談相手になるなど、たけしは絶大な信頼を寄せている。公私両面で欠かせない存在。自身の手元に唯一残した財産である自宅が、2人の愛の巣だ。

 一方、幹子さんの周囲は「思うところもあるだろうが、納得している様子です」と明かした。ブレーク前の70年代から交際し、83年に結婚。当時から既に別居状態で、幹子さんが離婚を求めたこともあったが、婚姻関係だけは続けてきた。

 その2人が、40年目に決めた熟年離婚。型破りな生き方をしてきたたけしだが、最終章に入っていく人生を見据えて選んだのは、お金ではなく愛だった。

ビートたけし“これまで”

 ▽1947年1月18日 東京都足立区で生まれる

 ▽65年 都立足立高校を卒業し、明治大学工学部入学

 ▽72年 浅草のストリップ劇場「フランス座」で芸人見習いとしてエレベーターボーイとなり、ビートきよしとツービートを結成

 ▽80年 漫才師「ミキ&ミチ」の北野幹子(旧姓は松田、芸名は内海ミキ)と事実婚。マンザイブームの中、大ブレーク。代表的なギャグ「コマネチ」を生み出す

 ▽81年 フジテレビ「オレたちひょうきん族」がスタート。長男誕生

 ▽82年 長女誕生

 ▽83年 幹子さんと正式に結婚。日本テレビ「スーパーJOCKEY」がスタート。「たけし軍団」を結成する。大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」で軍曹役

 ▽85年 日本テレビ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」がスタート。短編エッセー「たけしくん、ハイ!」がNHKでテレビドラマ化

 ▽86年12月 たけし軍団と講談社のフライデー編集部を襲撃。暴行容疑などで現行犯逮捕される。交際女性(当時)への強引な取材が発端

 ▽87年6月 襲撃事件について東京地裁が懲役6月(執行猶予2年)の判決

 ▽同7月、7カ月ぶりにテレビ復帰を果たす

 ▽同9月 幹子さんが離婚について話し合いをしていることを会見で公表。たけしは復縁を希望

 ▽同10月 幹子さんと落語家の不倫騒動が勃発

 ▽88年 太田プロダクションから独立し、オフィス北野を設立

 ▽89年 映画「その男、凶暴につき」で監督デビュー

 ▽93年 映画「ソナチネ」(4作目)がカンヌ国際映画祭などで公開され、欧州を中心に高い評価を受ける

 ▽94年8月 東京都新宿区で原付バイクを運転中に自損事故を起こして頭部などに重傷を負う

 ▽同9月 退院会見を行う。顔面半分が麻痺(まひ)した状態であることを明かす

 ▽98年 映画「HANA—BI」(7作目)、ベネチア国際映画祭で金獅子賞(グランプリ)を獲得

 ▽99年 映画「菊次郎の夏」(8作目)がカンヌ国際映画祭のコンペ部門に正式参加。仏芸術文化勲章「シュヴァリエ」受章

 ▽2003年 映画「座頭市」(11作目)、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞

 ▽10年 仏芸術文化勲章「コマンドール」受章。映画「アウトレイジ」(15作目)製作

 ▽12年 映画「アウトレイジ ビヨンド」(16作目)

 ▽15年 新会社「T.Nゴン」設立

 ▽18年 オフィス北野から独立し、新事務所を設立する。旭日小綬章を受章

 ▽19年5月 幹子さんと離婚(スポニチ)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです