メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい ノンフィクション作家・澤地久枝さん・88歳 状況悪いが「希望」失わぬ

澤地久枝さん=手塚耕一郎撮影

 雨がしとしとと降り続ける昼下がり、着物姿で出迎えてくれたノンフィクション作家、澤地久枝さんの瞳は憂いを帯びていた。9月で89歳になる。旧満州(現中国東北部)からの過酷な引き揚げ体験を持つ澤地さんの目に、この国の現状はどう映っているのか。

 「元号が変わってトランプ米大統領が国賓として来日しましたが、安倍晋三首相の対応は、非常に残念でした。それぞれの国に主権があり、国民がいて、憲法がある。互いに平等な立場で話し合えばいいのに、トランプ大統領の言いなりでしたね」

 この2人が海上自衛隊の横須賀基地(神奈川県)で、護衛艦「かが」に乗艦した映像を見て、太平洋戦争で日…

この記事は有料記事です。

残り3257文字(全文3538文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです