メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい ノンフィクション作家・澤地久枝さん・88歳 状況悪いが「希望」失わぬ

澤地久枝さん=手塚耕一郎撮影

 雨がしとしとと降り続ける昼下がり、着物姿で出迎えてくれたノンフィクション作家、澤地久枝さんの瞳は憂いを帯びていた。9月で89歳になる。旧満州(現中国東北部)からの過酷な引き揚げ体験を持つ澤地さんの目に、この国の現状はどう映っているのか。

 「元号が変わってトランプ米大統領が国賓として来日しましたが、安倍晋三首相の対応は、非常に残念でした。それぞれの国に主権があり、国民がいて、憲法がある。互いに平等な立場で話し合えばいいのに、トランプ大統領の言いなりでしたね」

 この2人が海上自衛隊の横須賀基地(神奈川県)で、護衛艦「かが」に乗艦した映像を見て、太平洋戦争で日…

この記事は有料記事です。

残り3257文字(全文3538文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです