メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
人生は夕方から楽しくなる

俳優・どんぐりさん アンテナ高く掲げ、楽しい方へコロコロ

「背が高くなりたいと思って買った一つ歯げたで、縄跳びを跳んだことも」=東京都渋谷区で、山下浩一撮影

 映画の中と同じような「アツアツ」の日々が続いている。

 初出演を飾ったゾンビ映画に見せ掛けたコメディー「カメラを止めるな!」は、昨年6月に東京都内のたった2館で始まった。しかし、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通じて瞬く間に評判になり、爆発的にヒットした。演じた「超適当なプロデューサー」は、登場シーンがわずかながらも、観客に強烈なインパクトを残した。

 「遅咲きのシンデレラ」の活躍を映し出すカメラも止まらない! 今や、テレビ、CM、映画祭へと引っ張り…

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1627文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです