メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

東京11R・ジューンS (土曜競馬)

地力強化、シンギュラリティ

 シンギュラリティを本命に推す。2、3着が多く、出世に時間はかかったが、コースを問わずに走り、中距離戦で地力をつけてきた。前走の府中Sは前半1000メートルが60秒3のスローで、後半すべて1ハロン11秒台の速いラップとなったが、中団から長くいい脚を使い0秒1差2着に追い上げた。走破時計1分58秒4、上がり33秒3は優秀だ。その後は体調を測りながら、余裕のあるローテーションで出走態…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです