メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
ちょっと一息・道の駅

知床・らうす 漁協直営店、幻のブドウエビも /北海道

目の前に北方領土・国後島を望む道の駅「知床・らうす」=北海道羅臼町で

 世界自然遺産・知床の斜里町と羅臼町を夏の間だけ結んでいる知床横断道路(国道334号)を知床峠から下りた国道335号の丁字路交差点に道の駅「知床・らうす」はある。背後には羅臼岳がそびえ、根室海峡をはさんだ対岸には北方領土・国後島がよく見える。

 中央にトイレと観光案内所、両側に売店が配されているが、「魚の城下町」と呼ばれるだけあって、さながら水産物市場のよう。

 羅臼漁協の直営売店では、競り落とされた魚介類が並べられる午後、バーベキュー用に買い求めるキャンパーの姿をよく見かける。「幻のエビ」と呼ばれるブドウエビや、シャコともエビともつかないキタザコエビなど他では滅多にお目にかかれない魚介類が並ぶことも。羅臼昆布の外縁(通称「ひれ」)を袋詰めしたお得なパックも直営売店ならでは。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです