メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 群馬ガラス工芸美術館(群馬県渋川市) 心癒やす自然の表現 /東京

ショーケースでの展示だけでなく、家具や照明は部屋のような配置で展示され、より身近に鑑賞できる=群馬ガラス工芸美術館で

 伊香保温泉のある群馬県渋川市に、豊かな自然に囲まれ、ガラス工芸作家の作品を見られる美術館がある。

 1998年に開館。19世紀末から20世紀初頭に栄えたアールヌーボーの代表的な仏ガラス工芸作家、エミール・ガレやドーム兄弟の作品を中心に約400点を収蔵する。アールヌーボーの特徴は曲線的なデザインと、草花や昆虫のモチーフが使われていること。星野里実学芸員は「作品の植物や動物に目を向け、曲線の表現の柔らかさを感じていただけたら」と話す。

 2003年のリニューアルオープンでは、家具作家、ルイ・マジョレルの書斎の壁や机などを仏から移築・再…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文744文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  3. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  4. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  5. 「ハルヒ」原作者・谷川流さん 「被害者の回復祈るだけ」 京アニ火災で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです