メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安土山図屏風

探せ 現代の宝探し、成功を 現代美術家・杉本さん、ネットで資金調達 /東京

ウィンゲによる安土山図屏風の模写=杉本博司さん提供

 織田信長が当代随一の絵師、狩野永徳に安土城(滋賀県近江八幡市)を描かせ、天正遣欧少年使節がローマ法王に献上した「安土山図屏風(びょうぶ)」。その後所在不明となったこの屏風の行方を、世界的な現代美術家の杉本博司さん(71)が追っている。いまだに謎が多い安土城の全貌を唯一残した絵画資料とされ、杉本さんはネット上で寄付を募り資金調達するクラウドファンディング(CF)を活用して、バチカンに研究者を派遣している。

 杉本さんは2015年、撮影のために訪れたイタリア・ビチェンツァの劇場「テアトロ・オリンピコ」で、天…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです