メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井伊直弼

親しき藩士へ、心情つづる 直筆の手紙展示 きょうから、彦根城博物館 /滋賀

長野義言と出会った喜びを約2メートルの紙につづった井伊直弼の手紙(彦根城博物館提供)

 幕末の大老で彦根井伊家13代当主、井伊直弼が信頼した藩士らに送った手紙を集めた「井伊直弼--親しき人への手紙」展が14日から、彦根市金亀町の彦根城博物館で始まる。直弼が自らの心情を率直につづった内容から、直弼の人物像がうかがえる。7月16日まで。

 同博物館が所蔵する国の重要文化財「彦根藩井伊家文書」や、旧彦根藩士の家の古文書から確認された300通以上の直弼直筆の手紙の中から、下書き1通を含む18通を紹介。「悲しみ」「落胆と喜び」「怒り」「楽しみ」など項目別に…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ火災で全国の「聖地」に衝撃 各地から「心配だ」「ショックだ」の声
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです