メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祇園祭

伯牙山のご神体衣装「大口袴」新調、色鮮やか 制作に1年 龍と梅、14色の絹糸・金箔で /京都

復旧新調した大口袴(右)と従来のものを見比べる伯牙山保存会関係者=京都市中京区の祇園祭山鉾連合会で、矢倉健次撮影

 祇園祭の前祭(さきまつり)(7月17日)で巡行する伯牙(はくが)山の保存会は12日、復旧新調した山に搭載される御神体(ごしんたい)(人形)の衣装、大口袴(おおぐちはかま)「紺地雲龍梅文様金襴(こんじうんりゅううめもんようきんらん)」を、山鉾連合会事務所(京都市中京区)で公開した。7月14日からの前祭宵山で重要文化財の杉本家住宅(同市下京区)に飾られる御神体に着せて公開され、巡行でも使われる予定。

 大口袴は表の長さが92センチ。龍と梅の同じ意匠が14色の絹糸、金箔(きんぱく)を使って18通りの配…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです