メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祇園祭

伯牙山のご神体衣装「大口袴」新調、色鮮やか 制作に1年 龍と梅、14色の絹糸・金箔で /京都

復旧新調した大口袴(右)と従来のものを見比べる伯牙山保存会関係者=京都市中京区の祇園祭山鉾連合会で、矢倉健次撮影

 祇園祭の前祭(さきまつり)(7月17日)で巡行する伯牙(はくが)山の保存会は12日、復旧新調した山に搭載される御神体(ごしんたい)(人形)の衣装、大口袴(おおぐちはかま)「紺地雲龍梅文様金襴(こんじうんりゅううめもんようきんらん)」を、山鉾連合会事務所(京都市中京区)で公開した。7月14日からの前祭宵山で重要文化財の杉本家住宅(同市下京区)に飾られる御神体に着せて公開され、巡行でも使われる予定。

 大口袴は表の長さが92センチ。龍と梅の同じ意匠が14色の絹糸、金箔(きんぱく)を使って18通りの配色で織られており、約1年の期間と約900万円の費用をかけて龍村美術織物(同市右京区)が制作した。江戸中~末期に織られたとみられる従来の大口袴は同じ意匠だが、表面は退色が激しく、折り重なって隠れていた部分に残った色を手がかりに保存会と協議を重ねて色合いを決めた。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです