メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書感想文の書き方授業

要点は六つ、思いを言葉に 宝塚第一小 /兵庫

スクリーンに、読書感想文の書き方のポイントを映し出しながら授業を進める本下瑞穂さん=兵庫県宝塚市野上1の市立宝塚第一小学校で、土居和弘撮影

 宝塚市野上1の市立宝塚第一小学校で13日、夏休みの課題となる読書感想文の書き方の授業があった。子どもたちを対象とした読書感想文の書き方の講演などをしているグラフィックデザイナーの本下(ほんげ)瑞穂さん(40)=同市在住=が講師となり、「読書をすると、誰もが楽しかった、悲しかったといった感想が浮かぶ。整理していくと、感想文が書けるよ」と、熱心に聴き入っている児童に呼びかけた。

 授業は、4年生約190人を対象に実施。文章の構成や書き方を学ぶ学年にあたり、昨年から、本下さんに授業を依頼している。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです