メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

米との対話拒否 ハメネイ師、安倍首相と会談後

 安倍晋三首相は13日午前(日本時間同午後)、イランの最高指導者ハメネイ師と首都テヘランで約50分間会談し、米国が離脱したイラン核合意の履行継続や中東の緊張緩和を要求した。首相は会談後、記者団に「ハメネイ師から核兵器を製造も保有も使用もしないとの発言があった」と明らかにした。一方、ハメネイ師は公式ツイッターで声明を発表し、米国との対話を拒否する考えを表明。米国とイランを仲介する難しさが改めて浮き彫りになった。

 最高指導者は元首と位置づけられ、国政全般に最終決定権を持つ。日本の首相がハメネイ師と会談するのは初めて。米国が核合意からの離脱を表明した昨年5月以降、「旧西側」の首脳が会うのも初めてとなる。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 東京と福岡「緊急事態再指定の段階にない」 西村担当相「危機感」は強調

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです