国家戦略特区

「隠し審査」で調査要求 WG、水産庁に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の民間委員が指南した規制緩和提案を巡る2015年10月のヒアリング開催が隠されていた問題で、このヒアリングの際にWG委員から要請を受けた水産庁が、規制に関する全国調査を実施していた。翌16年9月7日のヒアリングで調査結果を報告していたことも、同日分の議事要旨から判明した。

 政府は15年のヒアリング開催を認めていないが、野党は「15年が正式なヒアリングでないなら、記録も記憶もない非公開の場で、何の権限で調査を要求したのか」と矛盾を追及した。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文705文字)

あわせて読みたい

ニュース特集