メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タンカー攻撃

日本運航、ホルムズ海峡2回 出火、全乗組員脱出

ホルムズ海峡付近で攻撃を受け、オマーン湾で炎上する2隻のタンカーのうち1隻=13日、AP

 13日午前6時45分(日本時間午前11時45分)ごろ、中東のホルムズ海峡付近で、東京都千代田区の海運会社「国華(こくか)産業」が運航するケミカルタンカー「KOKUKA(コクカ) COURAGEOUS(カレイジャス)」(パナマ船籍、総トン数1万9349トン)が何者かの攻撃を受け、被弾した。同タンカーは約3時間後にも再度攻撃を受け、フィリピン人の船員21人全員が救命艇で脱出した。近くにいた他の船に避難し、1人が軽いけがをしたという。安倍晋三首相のイラン訪問中に、ペルシャ湾岸諸国の石油輸送路の要衝で起きた事件は、日本だけでなく緊張が高まる中東情勢にも影響を与えそうだ。【松本惇、斎藤文太郎、中津川甫】

 世耕弘成経済産業相は13日、「ホルムズ海峡で日本関係の積み荷を積んだ船が攻撃された」と明らかにした…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです