メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タンカー攻撃

日本運航、ホルムズ海峡2回 出火、全乗組員脱出

ホルムズ海峡付近で攻撃を受け、オマーン湾で炎上する2隻のタンカーのうち1隻=13日、AP

 13日午前6時45分(日本時間午前11時45分)ごろ、中東のホルムズ海峡付近で、東京都千代田区の海運会社「国華(こくか)産業」が運航するケミカルタンカー「KOKUKA(コクカ) COURAGEOUS(カレイジャス)」(パナマ船籍、総トン数1万9349トン)が何者かの攻撃を受け、被弾した。同タンカーは約3時間後にも再度攻撃を受け、フィリピン人の船員21人全員が救命艇で脱出した。近くにいた他の船に避難し、1人が軽いけがをしたという。安倍晋三首相のイラン訪問中に、ペルシャ湾岸諸国の石油輸送路の要衝で起きた事件は、日本だけでなく緊張が高まる中東情勢にも影響を与えそうだ。【松本惇、斎藤文太郎、中津川甫】

 世耕弘成経済産業相は13日、「ホルムズ海峡で日本関係の積み荷を積んだ船が攻撃された」と明らかにした。攻撃を受けたのは2隻。1隻は国華産業が運航するタンカーで、もう1隻はマーシャル諸島船籍のタンカーでナフサを積載し、アラブ首長国連邦(UAE)から台湾に向かっていたとの情報がある。何者が攻撃したかは分かっていない。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです